キッチンどうする?タイプ別で比較

キッチン検討
あっくん

キッチン選び。迷いますよね。

I型とかアイランドとか色々なタイプがあるしね。

キッチンをタイプ別で「I型キッチン」「Ⅱ型キッチン」「アイランド型キッチン」「ペニンシュラキッチン」「L型キッチン」についてメリット、デメリット踏まえて説明していきます。

目次

I型キッチン

一番ベーシックなタイプですね。価格も他のタイプより安く設定されています。
また、I型キッチンは、壁付け、対面、アイランド風など設置の仕方で色々と個性を出すことができます。

壁付けI型キッチン

RoomClip(ルームクリップ)|部屋のインテリア実例共有サイト
壁付けキッチン/凸ランプ/ニュージーパイン/ウッドワン スイージー/ダイニングキッチン...などのインテリア...
壁付けキッチン/凸ランプ/ニュージーパイン/ウッドワン スイージー/ダイニングキッチン...などのインテリア...「このアイテムについて教えてください♪...」家族・miiiのインテリア実例。

壁につけることで背面の部材もないので、費用も安く済むはずです。また、壁に面しているので油跳ねなどをあまり気にする必要がありません。

水栓、作業場、コンロが横一列になっているので、料理の導線としても効率が良いです。

ただ壁を向いて作業することになるので、リビングで子供を見たい時やテレビを見ながら作業したいという方には向いていないかもしれません。

対面I型キッチン

画像:https://www.esakihome.co.jp/bukken/area/aichi/kiyosu/popup/popup02.shtml

I型キッチンで価格を抑えながらも、対面キッチンという形をとることができます。また腰壁があるため、手元が見えないので、リビング側から調味料などをおいておいても見えません。また腰壁をくり抜いてそこに調味料などをおいておくことも可能です。

コンロの前に壁をつけることができるので油跳ねについてもガードすることができます。

アイランド風I型キッチン

Pinterest

I型でアイランドにしておしゃれな空間を演出できます。開放感が出て、リビングを見渡しながら家事ができることがメリットですね。キッチン周りを回遊できるので導線も便利になるでしょう。

ただキッチン周りにもスペースが必要になるため、広い空間がないと難しいです。せまいのに無理してやると他のスペースを圧迫することになります。

Ⅱ型キッチン

Pinterest
宙に浮いたようなステンレスカウンターのあるナラのキッチン | オーダーキッチン, キッチンデザイン, 造作...
宙に浮いたようなステンレスカウンターのあるナラのキッチン | オーダーキッチン, キッチンデザイン, 造作...2016/09/29 - ナラ板目突板と無垢材を併用し、ステンレスバイブレーションで仕上げたセパレートタイプのオーダーキッチン。シンク側のアイランドカウンターはリビング側に...

Ⅱ型キッチンとは水栓とコンロが後ろと前で別々の配置になっているキッチンのことを言います。

メリットとしては、おしゃれに見えることと2人で作業するときも前と後ろで作業場が取れるので調理しやすいでしょう。

デメリットは、価格が高めになることと、スペースを多くとること。さらには通常だと後ろにすべて食器棚スペースにできるところにコンロか水栓がくるので、収納スペースが少なくなることが挙げられます。

アイランド型キッチン

アイランドキッチンはよく聞くと思います。島のようになっていて周りをくるくる回れます。なので導線が良く、準備・片付けなどする時に効率的でしょう。

I型アイランドと違うのはI型は腰壁がありますが、アイランドはありません。

そのため良い点としては開放感があり、おしゃれな空間を演出できることですが、逆に言うと手元が丸見えでキッチンの上がすべて見えている状態になるので、常にきれいに片付いていないとおしゃれになるはずの空間があまり見せたくない場所になってしまいます。

またスペースを多くとるため、キッチンにある程度広さのとれる間取りでないと難しいでしょう。

ペニンシュラキッチン

アイランドキッチンを左右どちらかの壁にくっつけたようなキッチンです。

アイランドキッチンほどの開放感はでませんが、通常のI型キッチンよりは開放感が出て、おしゃれに見えます。

ただアイランドキッチン同様に手元が丸見えなので、常にきれいにしていないといけないという点は残りますね。また導線もアイランドキッチンのように周りをまわることはできません。

L型キッチン

キッチンと作業場がくっついてコーナー続きでL形になっているキッチンですね。

通常のI型キッチンより作業場が多くとれますので、調理がしやすいという点がありますね。こちらも2人で料理するというシーンにも適しています。

ただデメリットとしてはコーナー部分がデッドスペースになり使いにくいという点があります。キッチンメーカーではこの部分も収納となるように作られているところもありますが、やはり通常の収納スペースよりは使い勝手が悪くなります。

またI型キッチンよりもスペースを多くとってしまうという点もあります。

どう選べばいいのか?

タイプ別にキッチンを説明してきましたが、ではキッチンをどう選べばいいのか?

どのような生活スタイルなのか。キッチンにこだわりをもつか。間取りにキッチンのスペースがどれくらいとれるか、あとは予算で総合的に判断していくしかないでしょう。

特にこだわりがなく、費用を抑えたいということであればI型キッチン一択でしょう。

子供がリビングで勉強をしていたり、遊んでいるのを見ながら作業したい、子供と一緒に料理がしたい、開放的な空間にしたい、というような人はアイランド型を選びたいところですが、予算と間取りのスペースに応じてI型キッチンを応用するかなど、検討して決定するしかないでしょう。

ちなみに我が家は、Ⅱ型キッチンにしたいという妻の希望がありましたが、予算的なこととスペースの点、さらには結果常に手元が丸見えだとずっと綺麗にしておく自信はない(笑)ということでI型キッチンをペニンシュラ風にしました。

こちらについては完成したら更新していきます。

以上です。

皆さん良い家づくりを。

ブログのやる気につながっています!押してもらえると嬉しいです。

家で使っているもののせています。良ければご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村
キッチン検討

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代のサラリーマンパパ。二人の息子と妻の四人暮らし。
10年ほど首都圏や東京で働き、2度の転職を経て地元へUターン。28社の工務店とハウスメーカーを周り、地元工務店で高気密高断熱の家を2020年8月3日竣工しました。C値0.3、UA値0.48です。家のことや趣味などについても紹介していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる