家を建てる時に家計の見直すべきポイント

家を建てる!となるとお金がかかりますよね~。毎月のローンになるとしても金利がかかりますし、お金は節約できるのに越したことはありません。

家づくりをする時に関わらずですが、家づくりを始める時にはまず家計を見直すことをお勧めします。

私は営業をしている時に、中小企業向けのコンサルタントをしていました。会社で利益を上げる時には売上を増やして、経費を減らすことが、利益を増やす方法です。

これ、家計も一緒です。

売り上げ=収入を増やすには、転職するか、副業をするかしかありません。
こちらについては、期間がかかったり、転職もしてみないとわからない部分がありますし、リスクもあります。

ただ経費=支出を減らすことはすぐにでもできます。

ただあまりにも娯楽費などを削ると日々の生活がつまらなくなりますので、まずは固定費を見直すことが大切です。毎月何もしなくてもかかる費用です。

私が思う家計で見直すべき固定費は、3つあります。

・通信費
・保険
・光熱費

目次

通信費

家庭での通信費にはインターネット料金スマホ代がありますね。

インターネット料金についてはキャッシュバックなどの特典のある申し込みもネットでありますが、乗り換えにはインターネットのほうがハードルが高いかと思います。

スマホについては格安スマホにするのは、スピードも速く比較的ハードルが低くなると思います。

私がお勧めするのはLINEモバイルです。

我が家は妻も私もLINEモバイルです。LINEモバイルをお勧めする理由は以下です。

・料金が安い
・回線が選べる(docomo,au,softbank)
・SNSがフリー

 

仮にdocomoとLINEモバイルの比較で、家ではWi-FI使用でモバイル通信は月に5GB程度の夫婦二人で使用した場合のシュミレーションをします。(LINEモバイルはSNS通信がフリーなのでGBが少し少なくても足りる前提、実際私は全然足りています。)
*機種代は考慮しない

〇LINEモバイル
プラン:SNS+データフリーオプション SNS音楽データフリー6GB
料金:2,948円(税込)=夫婦二人だと×2で5,896円

〇docomo
プラン:ギガライト+みんなdocomo割(2回線) ~7GB
料金:6,028円(税込)=夫婦二人だと×2で12,056円

1台の差額:6,028‐2,948=3,080円 (36,960円/年間)
2台の差額:12,056-5,896=6,160円 (73,920円/年間)

いかがでしょうか?

夫婦だと1か月のローン費用や一回温泉旅行に行けちゃうくらいの差になってきます。

一度見直すことを是非お勧めします。

保険

保険については種類がとても多いので、比較は難しいですが、保険も家計で占める固定費で影響が大きいです。

保険は万が一に対しての備えなので、得とか損とかという考えではないというところもありますが、自分の考え=必要な保証に対して適切な保証なのかということを確かめた方がいいです。

また共働きで夫婦のどちらかが働けなくなっても生活できる収入がある場合や売却できるような資産性の高いマンションを購入した後には生命保険ははずすということも選択肢にあると思います。(亡くなった場合にローンがなくなるので、売却して他へ移る選択もできます)

個人的には、医療保険については安い掛捨てに加入するか、加入せずにその額を医療費として毎月貯金しておくのがいいと思っています。

生命保険については、加入する場合は10年定期で更新毎に月の掛け金が増えてしまうタイプよりも、支払いが一定で年数が立つと保証は下がるけど、掛け金が一定のタイプがお勧めだと思います。

いずれにしろ定期的に見直すことが大事です。

一番重要なことは自分で保険のことを理解して、納得して加入することが大切です。保険は最初は覚えるために幅広くのことを聞いて調べると知識がつきます。保険の窓口になり、相談して一定の知識をつけて自分で選択することをおすすめします。

しかもキャンペーンで保険見直しでお肉とかお米とかもらえたりします。知識もついてプレゼントももらえるなんて最高。

保険料節約なら、保険見直しラボで無料相談!

光熱費

光熱費なんて見直すの難しいんじゃないの?と思うと思います。

電気については、自由化がされていますが、若干安くなるのと初月キャンペーンで安くなったりという程度ですが、電気についても見直しするといいです。

なぜなら手軽にできますので。

プラスしてプロパンガスを使用の人はガス会社に交渉してみるのも手です。

私の友人は、オール電化にしようとしているということを話して交渉して大幅減額をしました。月数千円レベルで安くなったと言っています。

あとサービスを探すとガス料金を比較して、安いガス会社を紹介してくれるようなサービスもあります。

【ガス屋の窓口】

無料のサービスはどんどん利用した方がいいです。

使うのは時間だけで、損することはありませんので。

まとめ

他にも細かいものはありますが、見直しやすい3つを紹介しました。

全て見直すと月1万以上のコストが削減できると思います。

ローンの支払い額や借りれる額を試算することも大切ですが、一度まずは支出の部分を見直すことをおすすめします。

ブログのやる気につながっています!押してもらえると嬉しいです。

家で使っているもののせています。良ければご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代のサラリーマンパパ。二人の息子と妻の四人暮らし。
10年ほど首都圏や東京で働き、2度の転職を経て地元へUターン。28社の工務店とハウスメーカーを周り、地元工務店で高気密高断熱の家を2020年8月3日竣工しました。C値0.3、UA値0.48です。家のことや趣味などについても紹介していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる