太陽熱利用ガスふろ給湯器暖房システム

あっくんのアイコン画像あっくん

太陽熱利用ガスふろ給湯器暖房システムって聞いたことありますか?

妻のアイコン画像

なにそれ?食べれるの?

あっくんのアイコン画像あっくん

いやいやうちで採用した給湯システムだから。あんまり聞いたことないと思うので説明していきます。

目次

太陽熱利用ガスふろ給湯器暖房システムについて

我が家はノーリツの太陽熱利用ガスふろ給湯器暖房システムを採用しました。

名前長いですよね。商品名はSKYPIA(スカイピア)というみたいです。

詳しくはノーリツのホームページにて→リンク

集熱器という太陽光のようなパネルで太陽熱を吸収してパイプの中を通っている不凍液を熱くして循環させることで給湯器内の水を熱くして給湯に利用、また床下に入っている温水にも使用することで効率的にお湯を温めて、利用することでガス代を節約できる仕組みです。曇りや夜間はエコジョーズを補助利用します。

費用については、ホームページでは給湯だけに使用してLPガスの前提で年間で31,000円の節約ができると謳っています。

我が家は都市ガスなのでさらに多くの節約を見込める想定ですが、床暖房も利用するため、営業の方が行ったシュミレーションだと年間58,000円程度の節約が見込めるというシュミレーションでした。

導入費について

給湯器と集熱器10帖のリビングと8帖のダイニングへの床暖房とで122万円でした。

これが安いのか高いのか。床暖房については施工方法と様式にもよるとは思いますが、1帖5万円~くらいが相場と聞きました。

18帖×5万=90万で残り32万で給湯器と集熱器となるとそんなに高くはないのかなと思います。

床暖房は贅沢品ですので残りの32万円を年間58,000円程度節約できるとすると6年程で回収してその後は、お得になってくるので、良い商品なのかと私は思っています。

メンテナンス性について

ここについては半信半疑な部分もありますが、集熱器と床暖房設備については半永久的に使用できると工務店からは言われました。中の不凍液については、メーカーは10年ほどで交換を推奨しているが、基本は変えなくていいということでした。

仮に変える場合は数万円でできるということでした。

また集熱器については太陽光パネルと同様に火災保険に加えることができますので、台風などで破損した場合には、保険が使用できます。

その効果は?

まだ家が建っていないのでわかりません(笑)

ネットでもだいぶ探しましたがなかなか出している人がいなかったので、今後こちらのブログで光熱費などを紹介していこうと思います。

光熱費関係の記事はこちらをどうぞ。

以上です。

みなさん良い家づくりを。

ブログのやる気につながっています!押してもらえると嬉しいです。

家で使っているもののせています。良ければご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代のサラリーマンパパ。二人の息子と妻の四人暮らし。
10年ほど首都圏や東京で働き、2度の転職を経て地元へUターン。28社の工務店とハウスメーカーを周り、地元工務店で高気密高断熱の家を2020年8月3日竣工しました。C値0.3、UA値0.48です。家のことや趣味などについても紹介していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる