解体工事を安く済ませる2つの方法

家の建て替え時や更地にするときなどに発生する解体工事。なるべく安く済ませたいものですよね。

その解体工事を安く済ませる方法を2つ紹介します。

【結論】
1.相見積もりを取得する
2.解体に関わる滅失登記を自分で行う
目次

相見積もりを取得する

こちらについてはそりゃそうだと思うかもしれませんが、何をするにせよ意外と面倒そうでやらないのがこちらです。しかも合い見積もりと言っても解体については、最初に安い価格を提示しておいて、後で追加費用を請求するといった業者もありトラブルも多い業界です。そこで私は相見積もりでも2つの方法を提案します。

工務店経由で見積を取得する

家の建て替えを検討している方であれば工務店経由で解体の見積を依頼すればすぐに出してくれます。工務店に負担はかからないのですぐに出してくれますし、解体業者も工務店がいつも使っているところになるので、変な業者はいないはずです。工務店も何社かで検討を進めていれば、何社分か解体費用の見積をとることができます。私はこの方法で3社ほど取れましたので、最後に決めるときに交渉が可能でした。
価格感がわかっていないと交渉もできません。

ネットのサービスを利用する

こちらは私が解体終わった後に知り合いから聞いたのですが、利用してみれば良かったと後悔しています。

下記リンクのようなサービスがあります。

解体工事をもっと安く【解体工事のナコウド】

私の知り合いは安くなって良かったということと、強引な営業などなかったので利用して良かったと言っていました。

またHPを見ると厳しい審査基準を満たした施工店のみが登録されているようなので安心できると思います。

無料のサービスですので、高い買い物ですので利用するだけしてみるのは手だと思います。最終的に工務店経由で頼むにしても価格の参考にすることができます。

解体に関わる滅失登記の手続きを自分で行う

こちらについては解体に関わる費用になりますが、必ずかかる費用で、かつ簡単に削減できる部分です。通常の家の滅失登記であれば4万~5万かかりますが、こちらを家屋調査士などに依頼せずに自分でやることで、ほぼ無料でできます。

私も自分でやりました。私は全くもってそのようなことの知識はないですが、簡単にできました。是非やってみることをお勧めします。やってみようと思った方はこちらの記事を参考にしてください。本当に簡単です。

以上です。壊すのにもお金がかかる解体費用。なるべく安く済ませる参考になれば幸いです。

ブログのやる気につながっています!押してもらえると嬉しいです。

家で使っているもののせています。良ければご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代のサラリーマンパパ。二人の息子と妻の四人暮らし。
10年ほど首都圏や東京で働き、2度の転職を経て地元へUターン。28社の工務店とハウスメーカーを周り、地元工務店で高気密高断熱の家を2020年8月3日竣工しました。C値0.3、UA値0.48です。家のことや趣味などについても紹介していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる