吹き抜けってどうなの?寒い?音は?

吹き抜けって実際どうなの?寒いの?音は響くの?臭いとかどうなの?って思いませんか?
吹き抜けの間取りにしましたが、間取り検討の際に吹き抜けにするかどうかすごく悩みました。
悩んだ一番の理由は寒いのではないか?光熱費がすごくかかるのではないか?
この不安を払拭するために高気密高断熱住宅で建築できる工務店を探したというのもありますが、実際住んで一年たちましたので、住んでみてどう感じるかをレポートしていきます。

というようなことがよくいわれてると思います。この辺を含めてレポしていきます。

目次

吹き抜けのメリット

よく吹き抜けで言われるメリットは

・開放感がある
・明るい
・オシャレになる

この辺が多いですかね。それぞれ見ていきます。

開放感がある

吹き抜け,開放感
我が家のリビングです。

これね。抜群です。当たり前ですけどね。吹き抜けの広さにもよるかもですが。我が家は吹き抜けは6帖分ですが、開放感抜群です。リビングのクッション座って子供が走り回ってるのを見ると開放感あるな~と思いますし、吹き抜けにして良かったと思う時でもあります。友人とか来てもやっぱり吹き抜けって開放感すごいね~と言われます。これは思った通り開放感はかなり出ます。

明るい

吹き抜け

こちらも窓の位置や隣の家との距離とかにも左右されそうですが、我が家はとっても明るいです。日中電気をつけることはほぼありません。雨やどんより曇りの時はつけますが、晴れ!!って感じの時でなくても電気つけてもわからないくらい明るいです。休みの朝とかとっても気持ち良いです。自然光の明るさを求めていたのでこれも思っていた通りのメリットを発揮しています。

オシャレになる

これは個人の好みにもよりますが、私はなったと思います(笑)web内覧会 でリビングも出していますので、おしゃれになったかは見てみてください!少なくとも普通の家とは一味違った感じにはなるかと思います。

その他

その他で思うことですが、梁があると結構遊べます。ブランコを設置したり、のぼり綱をつけたり、ハンモックをぶら下げたりと吹き抜けの空間に梁を入れたことで遊びができました。

吹き抜けのデメリット

逆にデメリットでよく言われるのは

・寒い
・光熱費が高くなる
・音がうるさい
・臭いが広がる

この辺ですね。こちらも説明していきます。

寒い

こちらについてめっちゃ気になりました。妻の父親の友人の家が吹き抜けにしたら暖房をつけてもとても寒くて後悔しているようでやめたほうがよいと何回も言われました。結果我が家は寒くないですね。むしろ暖かいです。吹き抜けがあることですべての空間がつながっているので、どこへ行っても暖かい、夏は涼しいので快適です。逆にメリットとも言えますね。ただ一度熱くなったり寒くなると空間が大きいので、時間がかかるっていうのはあるのかもしれません。エアコンつけっぱなので感じませんが。
ただたまにコールドドラフトのような風を少し感じることはあります。寒いってほどではないですが。
これについては高気密高断熱住宅じゃないと妻の父親の友人のようなことになってしまう可能性はあるので注意が必要かと思います。

光熱費がかかる

こちらについては、完全に同じ間取りで吹き抜けと吹き抜けでない家を比べないと結論はわからないですが、吹き抜けでない家よりはかかると思います。空間が大きいので、そこはかかると思います。それが吹き抜けがない家と比べた時にどのくらい高くなるのかはわかりません。

光熱費についてもレポートしていますので、気になる方はそちらをご覧ください。

音がうるさい

こちらについては、家族の音なのでうるさいととらえるかですが、音はかなり聞こえます。寝室と吹き抜けがちゃんとした窓でなく造作扉でつながっているのもより音が伝わる原因になっていると思いますが、テレビの音とか下にいるより聞こえるくらいです。おそらく音が反響して上に広がっていく関係でしょう。赤ちゃんとかいると気になるのでテレビの音とか小さくしないといけないと思います。うちの子たちは起きないので普通につけていますが。子供が受験の時とかになったら気にしないといけなくなるだろうなーと思っています。あとたまに休みにも遅くまで寝たい時でも子供の声で起きます。まーこれは吹き抜けでなくても少なからずは聞こえそうですが。音については、思っていたよりも聞こえるっていうのが感想ですね。

臭いが広がる

これは音とは逆で思ったよりも気にならないです。2階にいても夕食の臭いとかはわかりますが、想像だと焼肉とかしたときに次の日も2階まで臭いが残るのかなーと思っていましたが、翌日には全然わからない感じになります。
普通にホットプレートで焼肉やお好み焼きとかガンガンやってます(笑)
臭いについてはそんなに気にしなくてもいいのかなと思います。

まとめ

気になるところは吹き抜けにして後悔していないか?

と言う点になると思いますが、後悔はしていません。むしろこの開放感や明るさや遊びを感じるとやっぱりやって良かったかなと思います。ただ一番恐れていた寒いという点については、高気密高断熱住宅を建てれる工務店に依頼していなければ、寒かったとなっていた可能性もあるので、吹き抜けを検討している方は気密と断熱には気を付けた方が良いと思います。

でも次もしも家を建てるとしたら吹き抜けにするか?と考えると次は勾配天井にしてみたいなと思います。
これは吹き抜けを後悔しているというところではないですが、勾配天井でもある程度の開放感、明るさ、そして梁も作れば遊びもできるのではと思っているのでそれを試してみたいな~っていう気持ちです。

吹き抜け気になる方参考にしていただければと思います。

ブログのやる気につながっています!押してもらえると嬉しいです。

家で使っているもののせています。良ければご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代のサラリーマンパパ。二人の息子と妻の四人暮らし。
10年ほど首都圏や東京で働き、2度の転職を経て地元へUターン。28社の工務店とハウスメーカーを周り、地元工務店で高気密高断熱の家を2020年8月3日竣工しました。C値0.3、UA値0.48です。家のことや趣味などについても紹介していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる