WEB内覧会 9回目 【子供部屋編】

今回は子供部屋編です。

我が家の間取りやスペックについてはこちらの記事をどうぞ。

子供部屋については、広さをどうするか、部屋を2つにわけるかどうかなどについてが代表的なお悩みポイントになるのかなと思います。我が家はどうしたのか。

それでは見ていきましょう。

子供部屋

広さ:5.2帖+クローゼット
アクセントクロス:TWP-2707 トキワ
床:TOYOPLY TR-R ベリッシュメイプル

子供部屋

子供部屋を2つに仕切るかどうか

実家での私の部屋は6帖でした。妻は妹と1つの部屋で結果最後まで、部屋をわけなかった環境で育っています。子供部屋としては、ベッドを置いて、勉強机を置いてが出来れば十分なので広さはクローゼットを含めて6帖、部屋としては5.2帖で十分だという話にはすぐになりました。

あとは2つの子供部屋を最初は壁をつけずに大きな1部屋にしておくか、2つの部屋にわけるかでかなり悩みました。

2つの部屋を一つにしておくのはこんな感じです。

うちは子供が上が小学2年生で下が年少さんなので、まだ一人の部屋はだいぶ先なので、大きな部屋にして広い遊び場にしておいて、子供が部屋をわけたいと言ったら後で分ければいいかなと思っていました。費用は10万くらいで出来ますと工務店から言われていました。

ただある時上の子が

「僕新しい家になったら自分の部屋がほしい」

と言ったので、まぢか!!となり、結果としては最初から2つに部屋を分けることにしました。

そして、家が出来た今・・・・

全くもって上の子は自分の部屋を使いません(笑)

寝る時もまだ一緒ですし、遊ぶのもリビング連なりの小上がり和室です。。。

子供の言うことを真に受けるんじゃなかった・・・

まーでも結局目の届くところで遊んでいないと兄弟喧嘩とかするので、子供部屋が一つの部屋になっていても日常は小上がり和室で遊ぶとは思います。友達とか来た時には、子供たちを広い子供部屋で遊ばせれたら便利だなというくらいですかね。

アクセント

壁紙、子供部屋

子供部屋の一面は、青とか緑とかさわやかな色にしようかなーと思っていたのですが、男の子なので大きくなってむさい高校生になった時に、そんなに可愛らしい子供部屋は嫌だ、と妻に言われてしまったので、控えめな木目にしました。

その代わり、カーテンは可愛らしいのにしました。子供のしたいといった動物の柄のものにしました。レースのカーテンもお高いですよね・・・

テレビ線、エアコン電源

ちなみにエアコンの電源とテレビ線については、一応用意しておきました。

子供部屋をあけておけば1階のエアコンで十分ですが、思春期になったら閉めてしまうでしょうから、一応用意しています。テレビ線については用意していますが、おそらく子供が大きくなるころにはタブレットとかで見るようになるので不要で終わると思っています。

クローゼット

クローゼット,子供部屋

通常の広さなのではないかと思います。

ランドセルや服が収納できる広さです。

本棚

本棚

クローゼット横の扉を開けたデッドスペースを利用して本棚を作りました。

かなりの大容量です。

今後子供が成長してきたら、漫画や雑誌も収納できるスペースとなっています。

物干し

「子供部屋の布団をわざわざベランダとかまで持っていて干すのは面倒だ」

という妻の発言から子供部屋に布団を干せるひもを付けたいということを言われました。

紐ってなに?

って感じでしたが、こんなやつです。


5.2帖しかないのに邪魔じゃない??

と言いましたが、

「干すのは私だ」

ということで承知しました!!

ってことで購入しました。

実際に部屋につけるとこんな感じです。

干したりこの状態でレイコップしたりするそうです。

妻が満足する家づくりが my pleasure!!

布団干すの年に1回くらいしか見ないんですけどね(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

仮に小学校高学年の6年生から使い始めて、大学生で出ていったとしたら6年~7年程度しか使用されない子供部屋なので、そんなに優先順位をあげずに家全体を優先したほうが良いと最近言われる子供部屋。

そうはいっても親なので狭すぎたらとか、北だと暗いからとか色々心配はあると思います。

でも色んな家庭があるので、正解はありません。

愛情をもって育てれば部屋なんてとりあえずあればいいのかなとは思います。

でも部屋はやっぱり最初は仕切らないで広くしておいても良かったかな~と思う、あっくんでした。

ブログのやる気につながっています!押してもらえると嬉しいです。

家で使っているもののせています。良ければご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

30代のサラリーマンパパ。二人の息子と妻の四人暮らし。
10年ほど首都圏や東京で働き、2度の転職を経て地元へUターン。28社の工務店とハウスメーカーを周り、地元工務店で高気密高断熱の家を2020年8月3日竣工しました。C値0.3、UA値0.48です。家のことや趣味などについても紹介していきます。

コメント

コメントする

目次
閉じる