楽天市場で購入 子供用自転車をおすすめ

子供,マウンテンバイク
あっくん

どうも、あっくんです

小学3年生になる息子が自転車が欲しいというので、楽天市場でマウンテンバイクを購入しました。
とても満足しているので、紹介したいと思います。

目次

商品紹介

早速ですが、購入した商品はこちらです。


全体外観

結構大きいのでどんな感じで届くのかと思いましたが、こんな感じで届きました。

子供,マウンテンバイク,自転車

画像の段ボールに入って届きます。出した状態が上記の画像となっています。
組み立ては、大人の男性1人で行って30分程度でした。付属されている工具のみで組み立て可能で、とても簡単でした。

組み立て完了すると、このような感じです。

子供用,自転車

見た目もかっこよくて、子供もとても喜んでしました。

ギア付き

子供用,ギア付き

小学生3年生くらいになってくるとギア付きが欲しくなってくると思います。
こちらはちゃんとギアがついており、6段式となっています。
またハンドルのグリップ部分をひねるとギアチェンジすることが可能となっており、子供でもギアチェンジしやすい作りになっています。

カゴ付き

子供用,自転車

こちらカゴも付属しています。
子供用のサッカーボールくらいは入る大きさとなっています。
ちなみにカゴは取り付けの時にネジをつけますが、全てきつく締めずにそれぞれを少しずつ締めることがポイントです。

鍵付き

子供用自転車,鍵

こちら最初から鍵もついています。しかも取り付けた状態で発送されますので、こちらについては自分で取り付ける必要はありません。
軽く回すだけで、施錠、解錠ができるので、子供でも使いやすいようになっています。

KD246をおすすめする3つの理由

この子供用マウンテンバイクをおすすめ理由は大きく3つあります。

・コスパが良い
・サドルの高さが容易に変更可能
・小学校高学年までは利用可能

コスパが良い

なんと言ってもまず安いってところです。楽天市場で購入するとポイントもつくので、ポイントは人にもよるとは思いますが、私は実質15,000円以下となりました。
購入するにあたり24インチでギア付きの子供用の自転車をホームセンターとトイザらスなどを見ましたが、2万〜3万程度はしました。それと比べてかなりお値段が安く、機能的にも遜色ないと思いました。子供は買ってもあまり使用しなかったりするので、あまり高いものを買ってもとは思っていました。この前に買った自転車は、ほぼ使用しないままサイズアウトしたこともありましたので・・・
こちらについては、気に入ってよく乗りたいと言ってやっているので長く使用できそうです。

サドルの高さが容易に変更可能

子供用自転車、サドル

子供用の自転車ってサドルの高さよく変えませんか?
最初の調整時はもちろんのこと、ちょっとやってもう少し高い方がいいとか低い方がいいとか言ってきたり、意外に1、2ヶ月で背がちょっと伸びて変更したいとなったり。

そんな時簡単に変更できる仕様はとても良いです。
子供用だとたまに、工具が必要になる仕様のものがあったりするんですよね。

小学校高学年まで使用可能

こちら24インチのマウンテンバイクです。サドルを一番低くすると、140センチない程度の息子が足がちょうど着くくらいになります。サドルを上げて使用すると小学6年生くらいまでは使用できるサイズ感となっています。中学生になったらある程度しっかりしたものをまた買う方がいいと思うので、小学生のうちにこれで対応できるのもコスパ良しの要素と思います。

合わせて購入したヘルメット

愛する息子の頭を守るためにヘルメットも購入しました。


こちらもお値段安かったですが、しっかりしていて、後ろのダイヤルを回すことでサイズ調整もできて非常に使用しやすい作りでした。

自転車と併せて使用しています。買ってから喜んで練習しています。

あっくん

今回はここまでです。お子さんの自転車検討している方の参考になれば幸いです。

ブログのやる気につながっています!押してもらえると嬉しいです。

家で使っているもののせています。良ければご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村
子供,マウンテンバイク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代のサラリーマンパパ。二人の息子と妻の四人暮らし。
10年ほど首都圏,関西で働き、2度の転職を経て地元へUターン。28社の工務店とハウスメーカーを周り、地元工務店で高気密高断熱の家を2020年8月3日竣工しました。C値0.3、UA値0.48です。家のことや趣味などについても紹介していきます。

コメント

コメントする

目次